株式会社 湯浅産業キャラクター

食品ほか動植物性残渣、汚泥など有機性廃棄物・産業廃棄物収集・運搬・処理業者  (株)トータルシステム/(株)湯浅産業


トピックス

HOME > トピックス

最新のトピックス

2014.08.21

食品廃棄物等有機性産業廃棄物堆肥化処理『大町工場』の改修工事が、2014年7月10日に竣工し、7月16日から商業運転を開始しました。

産業廃棄物処分業事業場を新たに追加。大町工場でも産廃処理ができるようになりました。許可番号2024008293

  • 大町工場も産業廃棄物処分業事業場を追加することにより、処理量が大幅UP(42t/日UP)しました。
  • 発酵促進設備に力を入れ、食品残渣等を良質な有機入肥料「しなの」に変え、大地にリサイクルします。
  • 大型脱臭装置を新たに導入し、地域・周辺環境への臭気対策に重点的に取り組んでいます。

湯浅産業では、食品廃棄物等有機性産業廃棄物堆肥化処理『大町工場』の改修工事を、大町市で進めてきましたが、今年7月10日に竣工となり、7月16日から商業運転を開始しました。

食品廃棄物等有機性産業廃棄物は食品工業の盛んな長野県内において安定し大量に発生しています。また、食品廃棄物リサイクル法等により再生目標値が定められています。

湯浅産業は従来より明科工場にて当該廃棄物のリサイクルを行っておりましたが、需要に対しての処理能力不足で県内でリサイクルを望む排出事業場の要望に応えることができませんでした。この度、有機肥料のふるい掛け、袋詰めを行っていた大町工場を改修し、最新の発酵設備と万全の脱臭設備を採用し、受入を開始致しました。

今後、湯浅産業では堆肥化に伴う臭気の発生抑制に努め、近隣の方々のご迷惑にならないよう稼働させてまいります。なお、今回の増設によって有機性廃棄物の処理能力は現状の約200%増加することとなりました。

湯浅産業では、今後も拡大に応じて、更なる設備増設と別の地域での工場建設と処理体制の高度化を進め、受人体制の強化を図っていく予定です。

各種新聞に掲載された「湯浅産業大町工場設備改修の竣工・稼働」に関する記事
左:大糸タイムス 中央:信濃毎日新聞 右:日本経済新聞

産業廃棄物許可証に大町工場が追加となりました。
優良産廃処理業者の認定印の入った最新の許可証をPDFでご覧頂けます。
(平成26年7月最新)

2013.12.27

湯浅産業の産業廃棄物処分業及び収集運搬が、優良化認定及び許可更新されました。(日本経済新聞と信濃毎日新聞で紹介されました)

脱臭装置を増設しました

湯浅産業はこのほど、長野県から「優良産廃処理業者」に認定されました。

優良産廃処理業者に認定されると、産業廃棄物の運搬業と処分業の許可の有効期間が通常の5年から7年に延びる事となります。

長野県からは産業廃棄物の処理状況や自社の財務状況をインターネットで公開している点などに評価頂き、この度の認定へとつながりました。

あわせて、新聞では受げ入れ量や処理工程などの情報と財務諸表を産業廃棄物処理事業進行財団のウェブサイト「産廃情報ネット」で公開している事、2007年に環境省の環境認定制度「エコアクション21」を取得した事も紹介されました。
(左上:日本経済新聞/左下:信濃毎日新聞)

優良認定によって、環境への配慮や法順守の姿勢を住民の皆様にご理解いただければ幸いです。

優良産廃処理業者の認定印の入った
許可証をPDFでご覧頂けます。

産業廃棄物処分業許可証 産業廃棄物収集運搬業許可証

2011.10.3~現在に至る

災害復旧その三(宮城県 石巻市)

  • 災害復旧第三弾
  • 災害復旧第三弾

2011.07.5~07.21

災害復旧その二(宮城県 石巻市)

2011.04.4~04.14

災害復旧その一(青森県 八戸市)

2010.07.12

アンモニア臭を軽減する脱臭装置を増設しました
(市民タイムスで紹介されました)

脱臭装置を増設しました

食品ごみを有機肥料に加工する際に生じるアンモニア臭を軽減する脱臭装置などを導入しました。

工場からにおいが漏れないように遮へい性を高めるのを目的として2台あった脱臭装置3台に増やしました。

これにより、外に漏れるアンモニア臭の濃度は従来の半分以下に抑える事を可能としております。

主婦の社会見学

湯浅産業の脱臭設備に関してのレポート記事をPDFでご覧頂けます。


2010.07.12

リサイクル活動啓発デザインのダンプを導入しました
(市民タイムスで紹介されました)

リサイクル活動啓発デザイン

赤い塗装とリサイクル活動を啓発するデザインを施した廃棄物収集・運搬用のダンプを導入しました。

荷台の部分に、植物の芽・果実・食品工場・汚泥などの図案からリサイクルの流れを表現し、「もったいない、資源に、大地にリサイクル」とメッセージを表記しました。

このダンプで運んでいる物が「リサイクル」に行くという事を知ってもらうのを目的としています。


2009.11.30

ホームページをリニューアルしました

(株)トータルシステム/(株)湯浅産業 HP リニューアル

株式会社 トータルシステム/株式会社 湯浅産業 のホームページをリニューアルしました。

ご覧いただく皆様に、より有益な情報をご提供できるよう努めて参りたいと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。


2009.11.30

有機肥料「しなの」がインターネットから購入できます

有機肥料 しなの

食品ほか動植物性残渣、汚泥など有機性廃棄物をリサイクル。
自社中間処理プラントから生まれたバイオテクノロジー肥料「しなの」。

「しなの」は食品工場の残渣や、有機物を含んだ汚泥を、当社独自のプラントで処理したのち、好気性微生物の働きによって完熟発酵させたものです。有効菌を多く含んでいるので、植物が栄養を吸収しやすく少量でも肥料効果があります。

産業廃棄物から出来たエコな有機肥料。「しなの」をお問合せフォームからご購入いただけます。


2009.10.21

環境に配慮した大型強力吸引車を導入
(市民タイムス「耳より情報」で紹介されました)

大型強力吸引車:写真1
大型強力吸引車:写真2

この新車両は、直径10cm以内の固形物を含む液状物であれば、深さ30mから吸引できる強力性能を持っています。

この新車両増車により、ユーザーの依頼に対し、迅速な対応が可能となりました。

「液状のものを離れた場所へ移動する」「吸引したものを処理する」等、さまざまな用途に活用できるほか、環境を考慮し、排ガスの規制値をクリアしています。

オペレーターが乗車して行う作業の申し込みや、詳細のお問い合わせは株式会社 トータルシステム/株式会社 湯浅産業までお気軽にご相談ください。


県別の許認可一覧を
PDFでご覧頂けます。

『しなの』は、土に力をつけ、おいしい野菜を育てます。

私たちと一緒に会社を大きく育ててくれる人材を募集しています。


動植物性残渣、汚泥など有機性廃棄物・産業廃棄物の収集・運搬処理でお困りの方。各種配管・浄化槽・側溝ほか槽内の清掃でお困りの方。下記までご相談ください。

ページの先頭へ