株式会社 湯浅産業キャラクター

食品ほか動植物性残渣、汚泥など有機性廃棄物・産業廃棄物収集・運搬・処理業者  (株)トータルシステム/(株)湯浅産業


有機肥料しなの

HOME > 有機肥料しなの

有機肥料しなのイメージ

「しなの」は、農林水産省より「汚泥発酵肥料」として承認を
いただいております。


「しなの」の概要と特徴

食品ほか動植物性残渣、汚泥など有機性廃棄物をリサイクル!
自社中間処理プラントから生まれたバイオテクノロジー肥料「しなの」。

「しなの」は食品工場の残渣や、有機物を含んだ汚泥を、当社独自のプラントで処理したのち、好気性微生物の働きによって完熟発酵させたものです。有効菌を多く含んでいるので、植物が栄養を吸収しやすく少量でも肥料効果があります。

大地にやさしい!農作物の強い味方!

  • ・有効微生物が多く含まれていますので、地力の増進に役だちます。
  • ・植物が育成しやすい土壌をつくります。
  • ・70℃以上の高温発酵により、病原菌が死滅しているので、安心して使用できます。
  • ・連作障害を引き起こす糸状菌の活動を抑え、連作障害を防ぎます。
  • ・乾燥しているので、軽くて散布しやすくなっています。
名称
有機肥料 しなの
登録番号
生第80546号
登録年月日
平成12年10月1日
登録有効期限
平成30年9月30日
肥料の種類
汚泥発酵肥料

化学肥料を超えた有機肥料「しなの」の成績(分析:信州大学農学部)

フザリウム汚染圃場における堆肥「しなの」のレタス収量の及ぼす効果

レタス収量の及ぼす効果

栽培後の微生物生菌数

栽培後の微生物生菌数

  • 耕種概要
  • 1)使用した土壌:K村フザリウム汚染圃場土+太平園芸培土(4:1)
  • 2)施肥条件:定植処理
  • 処理1・・・化成BB肥料 13-17-12 1.68g/株
    [株あたり全窒素投入量 0.21g](くみあい粒状複合372)
  • 処理2・・・堆肥「しなの」 4g/株[株あたり全窒素投入量 0.10g]
  • 3)種 レタス(品種・パトリオット)
  • 4)苗 (プラグ220) 9月10日播種/9月12日出芽
  • 5)定植 10月8日(ガラスハウス内で9cmビニールポットに)
  • 6)収穫 11月17日
  • 7)反復数9区 (1区5個体)乱塊法
  • 結果
  • 1)処理間差は大きく、「しなの」がまさった。特に地下部で著しかった。
  • 2)化成肥料区では、定植1~2週以内に枯死しはじめる個体が見られた。
  • 考察
  • 株あたり全窒素投入量が1/2であるにもかかわらず、収量は約2倍となり、レタスフザリウム汚染圃場において「しなの」が有効と推察された。連作障害防止、施肥効果に有益と考えられる。
  • 肥料成分表
  • 成分名 窒素全量(%) りん酸全量(%) 加里全量(%) 水分(%)
    分析値 2.58 2.88 0.28 24.43

県別の許認可一覧を
PDFでご覧頂けます。

私たちと一緒に会社を大きく育ててくれる人材を募集しています。


動植物性残渣、汚泥など有機性廃棄物・産業廃棄物の収集・運搬処理でお困りの方。各種配管・浄化槽・側溝ほか槽内の清掃でお困りの方。下記までご相談ください。

ページの先頭へ